嫌いな女、なのに名言が聞きたくてつい配信を見てしまう最高の映画:(500)日のサマー

皆さんこんにちは。あやです。

この記事では、『(500)日のサマー((500)Days of Summer)』という映画をご紹介します。

この映画、ジャンルは何と呼ぶのが適切なのでしょうか。
ラブコメ?シチュエーションドラマ?

ラブコメだと思って観ると、きっと途中で具合悪くなります。特に男性は。
(注:エロ系やグロテスクな表現は一切ないです)
でもすっごく面白いんです。

のちに『アメイジング・スパイダーマン』を手掛けるマーク・ウェブが初めてリリースした長編作品です。
ヒロイン(?)・サマー役のズーイー・デシャネルはこの作品が映画初主演。主題歌は彼女がvoをつとめるバンドです。

目次

(500)日のサマー:あらすじは恋愛映画の王道

建築家を目指しながらもグリーティングカード会社で働く冴えない青年・トム(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)は、ある朝会社のエレベーターの中で社長秘書のサマー(ズーイー・デシャネル)という女性と出会う。トムのヘッドホンから流れていたザ・スミスの曲をきっかけに二人は意気投合し、やがて急接近していく。

…ラブコメにありがちなあらすじですが、この作品はそんなヌルいものではありません。
ここから一気にどん底に突き落とされます。

(500)日のサマー:女性目線でも最悪な女

映画史上まれに見る悪女

ゲーム史における三大悪女はヨヨ(ゼノギアス)、アリシア(LAL)、リノア(FF8)と言われているけれど、サマーは映画史におけるtop of 悪女かもしれない。

だって、主人公のトムと出会ってすぐにコピー室でキスするし、イイ感じになったらカジュアルに一夜を過ごしてしまう。そして「僕たち恋人だろ?」と迫られたらサヨウナラ。

彼女の価値観ではボーイフレンドは”friend”に過ぎず、恋人だとは思ってないんですよね。

そして極めつけはこの名言

トムに向かってサマーが言い放ったセリフにすべてが詰まっています。

I just woke up one day, and I knew – what I was never sure of with you.
ある朝、目が覚めてわかったの。あなたとはなんか違うなって

…ひどくないですか?
これを聞いたトムはしょんぼり肩を落として帰っていきます。

(500)日のサマー:それでもこの映画を好きな理由

と、ここまで悪口ばかり連ねてきましたが、『500日のサマー』にはそれらを凌駕する魅力が詰まっています。

とにかくサマーが可愛い。ファッションセンスが最高

ズーイー・デシャネル扮するサマーがとにかく可愛い!

身も蓋もありませんが、この事実だけですべてが許されます。
レトロで流行にとらわれない服装も、重めの前髪も、横顔の美しさも、完璧です。
ちなみに、サマーの服をよく観察すると、すべてのシーンでかならずブルーがどこかしらに入っています。

こんなキュートな女性に思わせぶりな態度を取られたら、そりゃ好きになっちゃいますよ。

妄想爆裂青年・トム、現実を生きる女性・サマーの対比が面白い

この映画は基本的に画面が左右二分割された状態で話が展開し、向かって左側にはトムにとっての都合のいい妄想が、右側にはトムの妄想フィルターを除去した現実世界が広がっています。

特にフラッシュモブのシーンは、サマーと恋仲になった(とトム本人は思っている)トムの浮かれポンチぶりを大変よく表した本作屈指の名シーンであり、これも第三者目線で見ている視聴者は「あーあ…」と複雑な気持ちで見つめるわけです。

ラスト3分の伏線回収がすごい

完全なるネタバレになるので詳細は伏せますが、この作品、最後の3分でタイトルの伏線回収があります

初見時は変なタイトルだな、嫌な女の話だなと思って観ていたけれど、この大どんでん返しで胸のつかえが取れました。

トム、お願いだから幸せになってね…!!

ぜひ観てね!!(500)日のサマー

『(500)日のサマー』は現在、いくつかの動画配信サービスで視聴可能です。

U-NEXT→31日間無料トライアル実施中です。入会すると600円分のポイントが貰え、映画やドラマ・漫画の購入に使えます。

Amazon Prime Videoでも視聴可能です。

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

美容好きな30代OL。試験はいつも一夜漬けで切り抜けてきた経験を活かし、間に合わない人を間に合わせるための情報が提供できるブロガーを目指します。
Amazonのアソシエイトとして、当メディアは適格販売により収入を得ています。

目次